JAL上級会員(JGC)の維持 2017

2016年JALのJGCを目指し、達成。2017年はステイタスの維持を頑張ります。

Category: 空港サービスや特典

FLYONプログラムのステータス「クリスタル」のカードが届きました。


先日の出張分でWeb上では点灯していたクリスタル。
手元にカードも届きました。

ばばーん!

クリスタル

憧れていたステータスカード!

ようやく最初の一歩って感じですが、1月~3月頑張った甲斐があったなぁと思います。

ここで改めてクリスタルの特典についておさらい。

予約時の優待

  • 専用予約デスク(クリスタル予約デスク)の利用
  • 予約時の優先キャンセル待ち(JALグループ便が満席の場合、運賃ごとにキャンセル待ちを優先的に取扱い。ワンワールド・アライアンス加盟航空会社が満席の場合、各社の予約センターにて優先にてキャンセル待ち取扱い)
  • 国際線前方座席指定サービス(JALグループ国際線を予約する際に、前方座席を優先して指定できる)

マイルの優待

  • マイルアップボーナススクリーンショット 2016-04-13 00.04.39※JALカード会員、JALグローバルクラブ会員を対象とした登場ボーナスマイルとの重複は不可。優位な方のマイルアップ率が適用される。

空港での優待

  • 専用カウンターでのチェックイン(JALグループ国内線利用時はクラスJ利用時のみJGCカウンターが利用できる)
  • クラスJご利用時国内線プライオリティバッゲージサービス
  • 受託手荷物無料許容量の優待(JALグループ国内線通常プラス10kg、JAL国際線通常プラス1個)
    • JGCの場合は別途定める
  • 空港での優先空席待ち
  • 空港での優先搭乗(JMBクリスタルの場合は国際線のみ優先搭乗可能)

空港ラウンジの利用

  • JALグループ便利用の際、マイル引き落としのラウンジクーポンを利用することにより空港ラウンジを利用することができる
  • ワンワールド・アライアンス加盟航空会社を利用の場合JGCクリスタルカードを提示でワンワールド・アライアンス加盟航空会社のラウンジが利用可能

会員限定優待

  • FLYONアップグレードパッケージ(国際線アップグレードが通常マイルより少ないマイルでアップグレードできる。)
  • 国内線クラスJ-eクーポンプレゼント(2017年3月31日[搭乗日]まで有効な国内線クラス J-eクーポン6区間分を1回プレゼント。)
  • 新羅免税店での優待(クリスタルカードとパスポートを提示で、新羅免税店で利用できる10,000ウォンのプリペイドカードが受け取れる。
  • ボーナスWAONプレゼントキャンペーン(2017年3月31日特典交換分まで、マイルから電子マネーWAONへの特典交換率が10,000マイル→12,000WAON(12,000円相当)になる。(通常10,000マイル→10,000WAON)

ざっと公式サイトから抜粋すると上記の通り。
今のところ海外へ行く予定が無いのであまり使う特典はないけど、クラスJの優待なんかは出張の時にも早速利用してみたいと思います。


カードで入れる空港ラウンジと上級会員でないと入れない空港ラウンジ


airport-lounge
さて、空港のラウンジってみなさん使ってらっしゃいますか?
専用のカードを持っていないと入れなかったり、利用するのにお金がかかったりするから使わないという方も多いと思います。
また、そもそもラウンジでくつろぐほど余裕を持って空港に行かないよ。という方もいらっしゃるかと思います。ちなみに私はわりとフライトギリギリに行く派なので、ラウンジの重要性は低かったです。

しかし近年、出張等が多くなり、空港の利用率も高まる中、ラウンジってやっぱりいいものなんじゃないか?と思うようになりました。お金を払ってでも中に入りたいわけですから、それだけの魅力があると思うのです。

なお、自分が思っていたのは、ラウンジに入ってる人って金と時間に余裕がある人達なんだろうなー。っ感じでした。実際はそんなことなくて、自分も全然使えるもんでした。

空港のラウンジって?

空港の運営会社や航空会社が許可を与えた乗客(飛行機に乗る予定がある人に限ります)だけが入場できるエリア。
通常の待合エリアよりも調度品や環境がよく、場所によっては電源やインターネット環境も提供され、飲み物等が無料・有料で提供されます。
比較的大きな空港には複数存在することもあり、また逆に小さい空港であれば無い場合もあります。

ラウンジの種類

・航空会社が運営するラウンジ
・クレジットカード会社が運営するラウンジ
・空港が運営するラウンジ
・空港ラウンジを専門に運営する会社が運営するラウンジ

自分が興味持つまで知らなかったんですが、ラウンジにもこんなに種類があるんですねー。
では、一つ一つ見ていきましょう。

航空会社が運営するラウンジ

航空会社が運営するラウンジは、その航空会社のビジネスクラスの航空券か上級会員資格を持っているしか入れません。
私が今目指しているのはここです。
当然、該当の航空会社以外の会社の航空券では利用できません。
一般の待合エリアはもちろん、カード会社のラウンジとくらべてもかなり高級感があるそうです!(入ったことないから知らない!)
混雑具合も、時間帯によっては多少混むようですが、そこまで混みあうこともなく、広く、ゆったり過ごせるエリアだそうです。
基本的には保安検査場を過ぎた空港内部(制限区域内)にあります。

ラウンジ内では飲み物が無料でいただけます。食べ物も無料で軽食程度(ビュッフェ形式?)が提供されるとのこと。
さすがその会社にお金落としてくれるお客様には優しいな(笑)

クレジットカード会社が運営するラウンジ

各クレジットカード会社のゴールド以上のカードと搭乗券(航空券)を持っている人が利用できます。
制限区域内ではなく、保安検査場の外にある場合があるので、検査場通過のあとに「時間あるからラウンジで・・・」と思っても後の祭り。(羽田空港等は制限区域の中にも外にもありますね)
通常の待合エリアよりは静かで快適。ソファー席に座れればまったりと過ごせます。
飲み物はソフトドリンクが無料で提供されています。アルコールは基本的に有料(1杯だけは無料というところもある)

去年、カードをゴールドにしたのでこのラウンジは使える様になり、内部を知っています。
しょぼいということは無いですが、混んでる時は静かに過ごせるっていうのとはちょっと違いますね。
あと、静かにするために館内の案内が入らないので、搭乗案内が聞こえないというデメリットがあるので、うっかりして搭乗口に行くのが遅れないように気をつけないといけないです。

空港が運営するラウンジ

空港会社が独自で運用する有料ラウンジ。
カード会社との提携でカード会社のラウンジと同じように利用できる場合があるとのこと。
よく調べないと、カードラウンジなのか空港が運営するラウンジなのかわからない場合がありますね。
基本的には検査場の外にあるとのことです。
那覇空港のラウンジはおそらくこれだ!(調べてないのですが)

空港ラウンジを専門に運営する会社が運営するラウンジ

有料で利用するラウンジ。
空港が運営のラウンジ等より上級。
プライオリティ・パスやクレカの上級カードを提示して利用できる場合がある。
Plaza Premium Loungeなどがある。

ちなみに、航空会社が運営するラウンジは航空券のクラスによっても入場できるラウンジが違います。(クレカ会社のラウンジはクラス関係ありません)
当然ファーストクラスの航空券を持っている人には航空券に見合ったサービスが提供されるわけです。
いつか最上級のラウンジの中も見てみたいなぁ…。